FC2ブログ

浣腸好き主婦のよもやま話

少女時代、母からお浣腸をいただいて育ちました。成人してからも、その妖しい感覚は、私をとらえて離しません。体内にお薬が流れ込んでくる瞬間、えもいわれぬ恍惚感に包まれていく私。この感覚をご理解いただける方と、お浣腸の思い出、密かな愉しみについて語り合う場にしたいと思います。誰にも言えなかった、内に秘めてきた想いを、ありのまま打ち明けることができれば…もう一人の自分を、ここで解放してあげたいと思います。

2015年05月の記事

おこちゃまパンツ

園児用パンツの上から、こんな感じのマタナワにしてました。
(*^^*)



スポンサーサイト
[PR]

お縄を買ってみました

通販サイトを使って、郵便局留めで購入しました。また縄というものを、どうしても体験したかったから。

自分でポーズの意味 その2

でも、中学生になってしばらくしたら、自分でポーズを取ることが、とっても恥ずかしく思えるようになりました。
ひとり遊びを、おぼえたからです。 私のひとり遊びは、いつしかお尻を触ることを含むようになっていきました。そして、気がつけばお尻を触ることなしでは、強い快感が得られない身体になっていたのです。
そんな私にとって、もはや母の前とはいえ、お浣腸のポーズを取ることが恥ずかしくないわけはありません。
いつもと同じように、平静を装ってお尻を出す私。でも内心は、密かな気持ちの高まりが母に悟られないか、どきどきです。不覚にも興奮の証を外に漏らしてしまうことがないように、努めて子供っぽく、小学生の頃と同じようにふるまっていました。
でも、母はそれが演技だったことに、きっと気づいていたに違いありません。

自分でポーズの意味

小学校高学年になると、自分でお浣腸を受ける姿勢を取るようになりました。膝の裏側で、手を組み合わせてお尻を高くする姿勢です。初めて、母に言われる前にこの姿勢を取った時「いい子ね」って、優しく言われたのを覚えています。
私は、それが嬉しくて、それからというもの、言われる前にこの姿勢を取るようになっていきました。その頃から、母とお浣腸について話すようになっていったと思います。ただ受けるだけのお浣腸から、母との共同作業としてのお浣腸に。
「今日は、そんなに我慢できないかもしれない」「お腹がはって苦しいから、ゆっくり入れて」など、それまで黙って受けていたお浣腸から、少しずつ変化していきました。小学生の頃は、まだ、そんなふうに自分でポーズを取ることについて、恥ずかしいと感じることは少なかったと思います。お浣腸自体は、小さい頃から続けてきたことだし。
「あ、今日のお薬冷たいよ」とか「その角度は痛いよ」みたいなことも、淡々と話していました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。