FC2ブログ

浣腸好き主婦のよもやま話

少女時代、母からお浣腸をいただいて育ちました。成人してからも、その妖しい感覚は、私をとらえて離しません。体内にお薬が流れ込んでくる瞬間、えもいわれぬ恍惚感に包まれていく私。この感覚をご理解いただける方と、お浣腸の思い出、密かな愉しみについて語り合う場にしたいと思います。誰にも言えなかった、内に秘めてきた想いを、ありのまま打ち明けることができれば…もう一人の自分を、ここで解放してあげたいと思います。

2015年04月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お浣腸が似合う女優さん

私は、いつも一人称で楽しんでいるので、お浣腸ストーリーのヒロインは自分自身です。
でも時々、テレビを見ながら「この人にお浣腸すると、どうなるんだろう」って考えることがあります。といっても、最近はお浣腸が似合いそうな女優さん、タレントさんは、ほとんどいませんけど。

私がお浣腸が似合うって思えるのは、目鼻立ちのはっきりした華やかな印象の方ではありません。どちらかというと一重瞼で、どこか翳りをかんじさせる女性です。たとえば、 多部未華子さんのような雰囲気のある方ですね。また、三田寛子さんも、そういう雰囲気があるかもしれません。
翳りとか、じっとこらえる顔が似合う女性。最近、ほとんど見かけなくなりましたね。
スポンサーサイト
[PR]

うつぶせで、じっとしてるだけで。。

とにかく、落ち着くんです。なぜでしょう?
気分がすぐれない日は、こうやっているだけで元気が出てくることがあります。
お薬は入れません。

これからお風呂で

下の茂みが伸びてきたので、また、つるつるに剃り上げてきます。
お湯の中でのんびりくつろいで、しばらくしたら、一つ残っているコトブキさんを使います。

IMG_20150401_143439_20150414132038cae.jpg

ほんとうに気持ちよかった!
母にされるのかと思っていたのですが、眼をつぶると表れてきたのは、同世代の美しい看護婦さんでした。
「登志子さん、お浣腸をします。お尻を出して、膝をかかえてくれますか?」
機械的な言葉に、うなずいて従うしかありませんでした。

20%100cc 2回目

シリンダーを手にしているのは、きっと看護婦さんになると思っていたのですが、聞こえてきたのは母の声でした。もう、お浣腸をしなくなったはずの高校生?もしくは大学生?時代の私に、久しぶりのお浣腸です。
写真 (2)

「今日は、必ず30分間がまんするんですよ」
「うん」
「ショーツを脱いで、よつんばいでお尻をこっちに向けなさい」
「あおむけじゃなくて?」
「大きい子が、おかしいでしょう?もう、子供じゃないんだから..」
「はーい」
私が使っているプラシリンダーは、ピストンを100ccまで吸い上げた状態でも、なんとかよつんばいのまま一人で押し込める長さです。

手早くタイマーを30分にセットして、目を閉じました。
最初の5分くらいは余裕があったので、シリンダーを洗ったり、お浣腸のから容器やローションのふたを締めて片付けたりしていました。
まだまだ、十分に余裕があります。5分を過ぎる頃、軽い切迫感に襲われましたが、なんとか乗り越えることができました。その後、小康状態が続き10分をむかえる頃に、再び強い圧力を感じましたが、まだまだ大丈夫。50%のグリセリンと比べたら、とてもマイルドな痛みです。正座で前に倒れ込むような姿勢になって、前から回した手でティッシュをぐいぐいと押し続けます。つるんつるんの幼女の丘から流れ出た粘液が、手首にべっとり流れ落ちました。

あと18分。不思議に苦しくありません。タイマーとにらめっこしていても仕方ないので、スマフォでネットサーフィンを始めました。便意はそれほど切迫していません、これなら30分間頑張れそうです。
あと3分。ティッシュを押し込む指の力をゆるめて、小刻みな振動を与え始めます。とたんに、強い便意が湧き起こってきましたが、手を止めることはしません。親指の第一関節のところに軽く歯をたて、チュパチュパなめながら切迫感を受け止めます。あと2分くらいのところで強い奔流が押し寄せてきて、ティッシュが少しだけ濡れました。新しいものと交換して、再び指の振動を開始。あと1分のところで、また、少しだけぴゅっと吹き出させてしまいました。でも、こんな緩慢な刺激が薄いお浣腸の醍醐味なんだろうな。
なんて考えてるうちに、待ちに待った(?)タイムアウトの瞬間。ティッシュを押さえていた指を離すと、濁流がもの凄い勢いで洗面器を叩きつけました。でも、本当にすっきりしました。50%のお薬のように、お腹を絞られるような痛みもなく、とても清々しい気分。
写真 (3)

でも、濃いお浣腸に慣れてきた私には、少しだけ物足りないかも。今度は、30%くらいに挑戦してみようかな?あれこれ、楽しみが広がるお浣腸です。

でも、前回は30分がまんできなかったのに、今回はなぜがまんできたの?
考えてみると、お昼前に一度、おトイレに行ったことを思い出しました。もし、おトイレに行っていなかったら、状況は大きく変わっていたかもしれません。
不注意な私には、もっとおしおきが必要ですね。

今日のお買い物

なぜか「トライアル用」と書いてあるので、初めて(?)お浣腸する子にはぴったりかもしれません。

まだ、無垢の少女ですもの。 ^^;
IMG_20150401_143357.jpg
IMG_20150401_143439.jpg

今日はもう無理ですが、また、これのお世話になりそうです。
プラ浣腸
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。