FC2ブログ

浣腸好き主婦のよもやま話

少女時代、母からお浣腸をいただいて育ちました。成人してからも、その妖しい感覚は、私をとらえて離しません。体内にお薬が流れ込んでくる瞬間、えもいわれぬ恍惚感に包まれていく私。この感覚をご理解いただける方と、お浣腸の思い出、密かな愉しみについて語り合う場にしたいと思います。誰にも言えなかった、内に秘めてきた想いを、ありのまま打ち明けることができれば…もう一人の自分を、ここで解放してあげたいと思います。

2015年01月の記事

中に無花果が入ってるパンです

まさか、これを買う時に緊張することは、ないと思います。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

自分で出せるようになったのは…

以前、このブログでも紹介させていただきましたように、私は高校生になる頃まで、母にお浣腸をいただいていました。 頻度は、月1~2回くらいだったと思います。
もう、幼稚園に入る前から小学、中学まで。お部屋もずっと同じで、私のベビーベッドが置かれていたという小さな和室です。 母はそこに新聞紙を敷き、古タオルを重ね、私のお尻をのせる座布団を用意しました。
準備ができると、小学1~2年頃までの私は、母の前に立ち、スカートを脱がせてもらい、パンツも母の手でおろしてもらってから横になりました。
3~4年生くらいになると、上にはいているものは自分で脱ぎ、横になって待っていると、母がパンツを下ろしてくれました。
その後、自分でお尻を出せるようになったのは、5年生くらいからだと思います。横になっている私に、母が「お尻出して」と言うと、自分でパンツを下げるようになっていました。もう高学年だし、いつまでも母に下げてもらうのは、恥ずかしいことだという気持ちがありました。
「お尻出して」
「うん」と言ってショーツを下げて、膝の裏で両手を組み合わせると、母はいつも「いい子ね」と言って、微笑んでくれました。いつまでも、お浣腸されている私の姿を、楽しんでいるようにも、しょうがない子だと、苦笑いしているようにも見えました。そして、安心して小さい頃みたいに素直な気持ちになり、目を閉じて、管が入ってくるのを待ちました。
もう、戻らない、とっても幸せだった時間です。

長い管のお浣腸

ブロともさんの記事に、よく登場する「医療用ディスポ」とよばれるお浣腸。
120cc、150ccというお薬の量、長いチューブを見た時は、目が釘付けになりました。
あんなのが入ってくると、いったいどうなるんだろう?
気になってしかたないのですが、イチジク40でお腹をおさえて泣きそうになる私に、とても耐えられるように思えません。
でも、でも気になってしかたありません。長いチューブで、奥の方にお薬が流れ込んでくる感覚は、どんなものなんだろう?
ついつい、考えてしまうのです。
oota.jpg

和尻と洋尻

そういう言葉があることを、初めて知りました。
和尻は、ちょっと垂れている日本人のお尻。
洋尻は、上にパーンと張り出している、外国人のお尻。
だそうです。
洋梨のような、下できゅっと割れている形のお尻は、洋尻ではなくて和尻。
洋尻はかっこいいし、セクシーだけど、お浣腸されるお尻は和尻の方が、ずっとエロティックだと思います。

明けまして、おめでとうございます。

今年も、小さい頃からずっとお世話になってきた、お浣腸にまつわるお話をつづってまいります。
同じような思い出、経験をお持ちの方々との、良き語らいの場となれますように。
本年も、宜しくお願いいたします。
登志子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。