FC2ブログ

浣腸好き主婦のよもやま話

少女時代、母からお浣腸をいただいて育ちました。成人してからも、その妖しい感覚は、私をとらえて離しません。体内にお薬が流れ込んでくる瞬間、えもいわれぬ恍惚感に包まれていく私。この感覚をご理解いただける方と、お浣腸の思い出、密かな愉しみについて語り合う場にしたいと思います。誰にも言えなかった、内に秘めてきた想いを、ありのまま打ち明けることができれば…もう一人の自分を、ここで解放してあげたいと思います。

カテゴリー "追想記" の記事

お尻の熱い感覚

小さかった頃、お浣腸をされた後は、しばらくのあいだはおしりの中に熱い感覚が残っていたのを覚えています。

たぶん、グリセリンでおしりの粘膜が刺激されて、敏感になっていたのだと思います。

内側から広がる、その熱さがなんだか恥ずかしくて、しばらくのあいだは「お浣腸されたわたし」を意識せずにいられませんでした。テレビを見ていても、お菓子を食べていても、母と話をしていても。

夜、おふとんの中で、そっとおしりをさわってみると、いつもよりやわらかくなっている気がしました。グリセリン特有の、ふんわり甘い香りがしました。

今、思うといかえすと、恥ずかしいけど幸せだった時間。わたしはこうして、パジャマのなかで、おしりをさわることを覚えていったように思います。

遠い日の、甘い思い出です。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

自分でポーズの意味 その2

でも、中学生になってしばらくしたら、自分でポーズを取ることが、とっても恥ずかしく思えるようになりました。
ひとり遊びを、おぼえたからです。 私のひとり遊びは、いつしかお尻を触ることを含むようになっていきました。そして、気がつけばお尻を触ることなしでは、強い快感が得られない身体になっていたのです。
そんな私にとって、もはや母の前とはいえ、お浣腸のポーズを取ることが恥ずかしくないわけはありません。
いつもと同じように、平静を装ってお尻を出す私。でも内心は、密かな気持ちの高まりが母に悟られないか、どきどきです。不覚にも興奮の証を外に漏らしてしまうことがないように、努めて子供っぽく、小学生の頃と同じようにふるまっていました。
でも、母はそれが演技だったことに、きっと気づいていたに違いありません。

自分でポーズの意味

小学校高学年になると、自分でお浣腸を受ける姿勢を取るようになりました。膝の裏側で、手を組み合わせてお尻を高くする姿勢です。初めて、母に言われる前にこの姿勢を取った時「いい子ね」って、優しく言われたのを覚えています。
私は、それが嬉しくて、それからというもの、言われる前にこの姿勢を取るようになっていきました。その頃から、母とお浣腸について話すようになっていったと思います。ただ受けるだけのお浣腸から、母との共同作業としてのお浣腸に。
「今日は、そんなに我慢できないかもしれない」「お腹がはって苦しいから、ゆっくり入れて」など、それまで黙って受けていたお浣腸から、少しずつ変化していきました。小学生の頃は、まだ、そんなふうに自分でポーズを取ることについて、恥ずかしいと感じることは少なかったと思います。お浣腸自体は、小さい頃から続けてきたことだし。
「あ、今日のお薬冷たいよ」とか「その角度は痛いよ」みたいなことも、淡々と話していました。

なぜか強烈な尿意が...

また、思い出したことがございます。
若い頃、20代くらいまで?いよいよ、これからお浣腸という段階になると、きまって強い尿意を感じたため、お浣腸の準備を中断して、トイレに駆けこむ必要がありました。
さぁ、お浣腸という段階、胸がどきどきして、喉が渇いてくると、いつもそうでした。
なぜ?

母はお尻を揉み込むように

おむつの思い出を糸口に、さらに、思い出したことがあります。
それは、私がもっと小さい頃のこと。たぶん、小学3年生くらいまで続いていたと思います。
母はお薬の注入が終わると、小さく折りたたんだティッシュ、またはコットンでお尻をぎゅーっと押さえて、しばらく揉み込むように円を描いていました。

イチジクの管を引き抜きながら、同時に、お尻のあなにそれをあてがい、ぎゅーっと押し当てるのです。私が自分で膝をかかえたまま、しばらくじっとしていると「足を下ろして、うつぶせになりなさい」という声が聞こえます。言われるままに、身体を裏返しにすると、また、指先で私のお尻をこじあけて、コットンをぎゅっと押し当て、揉み込むように動かしはじめます。その間、母は「まだよ。まだまだ」って、何度も言いながら背中や頭をポンポン叩いて勇気づけてくれました。私は、重ねた両手の上に額を押し当てて、ひたすら、母が「もういいよ」って、言ってくれるのを待っていました。でも、ぎゅーっぎゅーっと揉まれるたびに、お尻の穴が刺激されて今にも出てしまいそうになります。そして、お腹が母の指の動きに反応するように、ググッと鳴るのです。
最初は、畳にうつぶせになるのではなくて、母の膝に覆いかぶさるようにお腹をあてて、お尻をおさえてもらっていたように思います。でも、何回か同じ姿勢をとるうちに、まっすぐうつぶせになった方がお腹が楽だと気づいて、我慢する姿勢が変わっていったような気がします。
たくさん揉んでもらった後は、うんちがしっかり溶けて、気持ちよく出すことができたような気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。